mikanのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雛人形を飾りました

<<   作成日時 : 2017/02/13 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 96 / トラックバック 0 / コメント 8

      
      寒中に一足早く春の雰囲気が楽しめる「雛人形」
      
      雛人形の話題が聞こえてくると春が
      少しずつ近づいているんだなぁ、と感じます。

      お雛さまを飾る時期は、立春(2月4日)頃から
      2月中旬にかけて飾るのが良いという事なので
      大安の今日(2月13日)飾りました。

      七段飾りの人形と道具が入った箱
画像


      まず雛壇の組み立て
      
画像


      毛氈を敷きます
画像


      
      さて、いよいよ飾っていきますが・・・
      一般的な飾り方は、結婚式の新郎新婦と同じ

       一段目 
       屏風、雪洞(ぼんぼり)、お内裏様、
       几帳(きちょう)=内裏様の後ろの布を垂らした物
       三宝(さんぼう)=水引きで飾られた紅白の
       梅の花が付いたもの(中央)
画像


画像


画像

       
画像


       関東は向かって右に「お姫様・女びな」
       左に「お殿様・男びな」
       関西は向かって右にお殿様、左にお姫様

       ちなみに・・・
       「お内裏様(おだいりさま)はお殿様」と勘違いしそうですが
       実際は、お内裏様は「お殿様とお姫様」二人を指していうそうです

       二段目・三段目
       三人官女
       官女の間に高坏(たかつき)と桜餅を配置
画像


画像


       三段目
       三段目・五人囃子
画像

       五人囃子、右から、謡(うたい)、笛、子鼓こがわ)
       太鼓(たいこ)、大太鼓

       四段目
       四段目・ひし餅
       五段目・仕丁(しちょう)
            向かって右から立傘、沓代(くつだい)、台傘
画像


       仕丁(しちょう)の横に「橘と桜」
       右近の橘
画像


       左近の桜
画像


       六段目と七段目は雛道具
       
画像


画像


画像


画像


       六、七段は特に決まりがないそうで、御所車、重箱
       籠、牛車、などを好きな様に配置
画像


       七段飾り出来上がり
画像


画像



       雛壇の原形は京都御所だと言われています
       雛人形は北側に飾ると良いとされているようですが
       家の事情で置く場所が限られている場合は
       飾りやすい所でいいそうです

       また、しまう時は3月6日、24節のひとつ「啓蟄(けいちつ)」の
       日がベスト、遅くても3月中旬頃までに・・・。


       この雛人形は私の実家(京都)の母から
       数年前に受け継いだものです
       画像では分かりませんが、とても古い人形で
       昭和45年1月に購入した様です。
画像


       






       

      




      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 96
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
立派なお雛様なんですね。
いろいろ知らないことが多く、教えていただきました。
ご実家、京都でしたか。
それはいいものを受け継がれ、これから責任もありますね。
はるる
2017/02/13 19:27
重みのある立派なお雛様ですね(*^^*)

品があり、とても素敵です。

昨今、住宅事情からかガラスケースの雛壇飾りが主流になっている中、7段飾り、値打ちありますね。

お母さまから受け継がれたもの、お大切にされたこころも伝わってまいります。

いいもの、みせて頂いて良かったです。

あんこ
2017/02/14 08:43
はるるさん
ありがとうございます。
私も初めて飾る時は分からない
事ばかりでした。

古いので傷んでいる道具があったりして
飾り付けは結構大変なのですが
虫干しをかねて毎年飾っています。

部屋がいっぺんに春のムードなりました♪



mikan
2017/02/14 09:54
あんこさん
ありがとうございます。

本当ですね〜
近年は伝統的な物以外にも現在の
住宅事情を反映した様々な雛人形が
出てきていますね。
雛人形に対する思いも変わってきて
いるのでしょうか?

写真では分からないのですが雛道具などは
壊れかけている物が結構あります
でも、母の意思を継いで大切にしていきたいと
考えています。








mikan
2017/02/14 10:25
こんにちは〜
立派なお雛様ですね。
そして飾る過程を知り、ワクワクしました
右近の橘・左近の桜。。。
京都御所が思い浮かびますよ

デナーダ
2017/02/16 13:27
デナーダさん
こんばんは。
嬉しい言葉ありがとうございます
アップして良かったですw

雛人形と云えば京都というイメージが
強いですよね。
起源は平安時代までさかのぼるそうで
節句は貴族の間では大切な行事だったそうです。

京都出身なので我が家ではずっと京雛の
飾り方が定着していたのですが、
現在は群馬に住んでいるので「関東雛」の
飾り方にしています。



mikan
2017/02/16 21:04
こんにちは。
お母様から受け継がれた雛段の様です
ね、今では住宅の間取りの関係で中々
段飾りが出来ないところが多い様です
が飾り続けてくださいね。
たまて箱
2017/02/23 15:31
たまて箱さん
ありがとうございます

本当ですね〜
今の雛飾りはコンパクトに出来ていますが
可愛くて素敵な物が多くありますよね。

段飾りも良いのですが、
場所を取って困ります(^^ゞ
が・・・毎年飾り続けたいと思っています。
mikan
2017/02/24 11:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
雛人形を飾りました mikanのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる